2020年09月13日

たくさんの人たちが様々な警鐘を鳴らしている

働きすぎて健康を害した人は、世の中の人たちに対して警鐘を鳴らすことがよくみられます。

「働きすぎてはいけない」とか、「働き方を変えるべきだ」といったことです。

しかし、その人が仕事で無理をしすぎて体調を悪くする前から、働きすぎることの怖さについての警鐘はたくさんの人たちが鳴らしています。

働きすぎに関することだけではありません。

子どもへのしつけや勉強、自然への配慮、乱獲、性のあり方、お金という欲望、薬害、言葉遣いの乱れ、食の危険性、ギャンブル依存、交通ルールの無視、本を読まないこと、便利さを追求すること、アレルギーなどなど、様々なことについて沢山の人たちが警鐘を鳴らしています。

しかしながら、自身が当事者になるまでその警鐘になかなか意識が向きません。

posted by 加藤直樹 at 22:34| Comment(0) | 世の中・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください