2022年10月04日

まじめに生きている人のつらさ

まじめにしか生きられない人もいます。

まじめに生きている人は、つらい思いを沢山していると思います。

つらいときには私が支えますので、話しにいらしてください。

posted by 加藤直樹 at 19:51| 真面目(まじめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月24日

女を巡って競争したくない男もいる

男は女を巡(めぐ)って競争をしなければならないようになっています。

自分(男)と一緒になってもらうために、積極的に行動しなければ何事も起こりません。

積極的に行動して、しかも女から好まれて選ばれるところまでもっていかねばなりません。

その女に競合である男が何人かいる場合、競争は激しくなります。

競争好きの男、積極的な男、自信過剰な男などは、そうした競争に勝っていき、女と付き合う確率が高くなります。

一方で、競争が好きではない男もいます。

女を巡って争いたくない。

女の気を引くために競争をしたくないし、他の男と比較されたくない。

競争をするくらいなら、比較されるくらいなら好きな女が別の男のところに行っても構わない、そんなふうに感じている男もいます。

世の中にはそういう男もいることを知っておくことが大事です。

posted by 加藤直樹 at 21:23| 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月20日

身ぎれいにする能力と教育による学習・習慣

自身の身体をきれいにするのは、もともと本人に身ぎれいにする能力があり、それが教育によって学習、習慣化された場合に実行できる行動です。

本人にその能力が低かったり、あるいは育てられ方が粗雑で、その習慣が身につかなかった場合や、あるいは心に傷を負った等で精神がうまく働かない場合には、おとなになっても身ぎれいにしていることが難しくなり、汚れたままでいたり臭いままでいたりします。

posted by 加藤直樹 at 15:30| 習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月13日

機能性ディスペプシア(FD)への心理療法をします

機能性ディスペプシア(FD)でつらい状態の人は、私に相談してください。

心理(精神)療法をおこないます。

心理(精神)療法によって精神状態がよくなれば、自律神経が安定してきて身体機能、言い換えれば胃や腸の機能が回復してきます。

ストレス感や不安感に対して過剰に反応していたり、緊張が高い状態のままになっていることが、機能性ディスペプシアになっている一つの要因ですから、それらを心理(精神)療法にて平穏にしていきます。

過剰反応や高い緊張が平穏になってくれば、身体がうまく機能し始めます。

posted by 加藤直樹 at 16:56| 精神身体症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月10日

精神に作用する薬を飲む際の考え方

精神の具合が悪くなった時に、精神に作用する薬を飲むのは悪いことではありません。

ただし、飲んでいればそのうち治るだろうという考えや、とりあえず飲んでおけばいいやといって漫然と何年も飲み続けているのは良くありません。

posted by 加藤直樹 at 21:40| 薬・くすり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月05日

話を聴いてもらうことで健康に

他者に話を聴いてもらうという行為が健康につながります。

posted by 加藤直樹 at 22:49| 治療・療養・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする